• このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の投資用不動産は駅から徒歩圏のエリアに

横浜で投資用不動産を購入する場合は、なるべく駅から徒歩圏内のエリアの物件に絞ることが望まれます。横浜市には多くの鉄道路線が通っており、駅の数が非常に多いため、それは決して難しいことではありません。投資用不動産では、立地がポイントとなります。駅から徒歩圏内のエリアであれば、今後人口減少が続き、少々賃貸物件の空室率が増えても、部屋が埋まる可能性が高いです。駅から徒歩圏内の物件は、横浜には多いほうですが、無限にあるわけでもありません。数に限りがあるため値崩れも起きにくく、比較的安全な資産となります。今後は人口減少が進むにつれて、郊外での暮らしがますます難しくなり、都市部への回帰が進んでいくことでしょう。都市部の駅のそばというのは、狙い目です。

便利さを求める人が集まる地域だから

昔から人気のあるこの地域ですが、生活費は決して安くはありません。バブルの頃は、このあたりに家を持つことが難しく、郊外の新興住宅地に家を持つ人が多くいました。しかし、戦後初めて人口が減少し始めた現在、住宅余りが目立ち始め、生活が不便になる一方の郊外から、便利な地域に移り住む人が増えてきています。投資用不動産を持つなら、その便利なエリアが狙い目です。たとえ人口が減り続けても、車を使わなくなった高齢者でも楽に暮らせる、駅のそばの物件は、需要がますます高まる可能性があります。人口が減って、真っ先に寂れていくのは郊外の新興住宅地です。寂れる前はそれなりに商店も医療機関もあり、路線バスが通っていても、人が少なくなれば寂れていく一方です。そこから都市部へ移り住むという流れは、とうに始まっています。

空室リスクを避けるためのアドバイス

空室リスクは、住宅不足が続いていた頃はほとんど考える必要のないことでした。しかし、賃貸物件余りが目立つようになった今日、空室リスクにどう対応するかが大きなポイントとなります。空室期間をいかに減らすかについては、プロに相談することが望まれます。中には、空室期間の家賃について、なんらかの保証制度を設けている会社もあります。そうした会社を利用すれば、空室リスクに対応しやすくなります。物件のオーナーが個人であるケースというのは、ますます増えています。他に仕事を持っていて、副業として賃貸物件を貸している人が多く、そうした個人オーナーが、相場に合わせた家賃設定をして、空室リスクを最小限にするというのは難しい面があります。プロの会社に相談し、家賃保証制度なども利用するのがおすすめです。”

ピックアップ記事

将来性が高い投資なら、横浜の投資用不動産

横浜エリアで投資用不動産を探す方が増えています。将来性の高い横浜エリアでは、多くの収益性の高い物件が存在しています。資産運用として不動産への投資を考える方も、実際にどのように進めれば良いかイメージを掴...

横浜での投資用不動産の探し方は

横浜エリアでも不動産への投資を考える方が増えてきています。実際に投資に興味はあっても、どのような進め方をしていけば良いかイメージが掴めない場合も多いでしょう。高収益を得ていける物件を見つけるには、探し...

横浜での投資用不動産は初期費用いくらぐらいからか

横浜エリアでも投資用不動産に興味を持つ方が増えています。長期的に安定した収益を得ることができる不動産投資の場合には、会社員の方が副業で行う場合も多く、将来への貯蓄や老後の蓄えのために始める方が増えてい...